借入希望額が大きい時には収入証明書の提示

即日でのキャッシング希望の場合、申込みに必要な書類があります。これは、通常のキャッシングサービスの申込みの際と同様であり、一番重要な書類は本人確認書類となります。本人確認書類とは、申込み者の氏名・生年月日が記されている公的機関から発行されている書類です。一番手っ取り早いのは運転免許証であり、常に携帯しているものと思われますので、申込みの際は活用することができますね。

 

運転免許証の他であれば、健康保険証やパスポートの提出でよいのです。住民票のコピーでもよいですが、住民票は一度役所に出向き発行してもらう必要がありますので手間が掛かってしまい、即日キャッシングを希望の際は不向きと言えるかもしれません。

 

ただし、キャッシング希望額が50万円を超えるような場合であれば、申込み者の収入証明書が必要になります。これは、貸金業法で決められているルールであることから、申込み者はこのルールに従うことになります。収入証明書とは、申込み者の仕事によって変わるものです。

 

給与所得者、いわゆるサラリーマンや公務員であれば給与明細や源泉徴収票がそれにあたります。給与明細であれば直近のものを、源泉徴収票であれば前回の分のものを用意しましょう。キャッシング会社によっては、給与明細提出の際、直近の数ヶ月分の給与明細の提出をルールにしているところもありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

また、個人事業主や自営業の方、フリーランスでの仕事のやり方をとっている方であれば、確定申告書や課税証明書がそれにあたります。いずれも最新の書類の提出をします。50万円以上の借入希望の際には収入証明書の提出というのが貸金業法によって定められたルールではありますが、銀行カードローンの申込みの場合ですと、このルールが適用されません。

 

銀行カードローンは、貸金業者ではありませんのでこのルールが適用されず、100万円から300万円までの借入希望金額であっても収入証明書の提出は必要ありません。大きな金額を希望する即日キャッシングであれば、キャッシング会社の他にも銀行カードローンへの申込みを考えてみてもよいでしょう。

 

個人事業主や自営業の方の場合、収入証明書が必要になる場合がある

個人事業主や自営業の方、フリーランスの方の場合に限り、本来収入証明書の提出が必要とされない借入希望金額であっても、収入証明書の提出を要されることがあります。個人事業主や自営業の方、フリーランスの方の場合のキャッシング審査は、サラリーマンや公務員の方と比べますと、収入が不安定と見なされます。収入が不安定と言われると憤慨する方がいるかもしれませんが、キャッシング審査の中で、収入の安定性がとても重要視される大事な部分であり、融資の可否を考えるうえで影響が出てきます。

 

ですので、安定した収入があるという証明のためにも直近数年間分の収入証明書の提出が必要になることがあるわけです。それによって安定した収入があると見なされれば即日キャッシングの可能性は広がります。何としても即日キャッシングを希望するのであれば、前もって数年分の収入証明書を用意しておくことが安心であり、可能性を広げる手段となるでしょう。

 

インターネットを利用して即日キャッシングを申込みする場合ですと、必要書類を携帯電話やスマホのカメラやデジカメで撮影した画像をメール添付して送信します。スマホからですと、専用アプリを利用できることもあります。インターネット申込みは、たいへん便利で手続きが簡略化されていますので、スムーズな手続きを希望の方はパソコン・スマホ・携帯電話からのインターネット申込みをおすすめします。