即日融資OKの場合も まずは自分の借入状況を確認して

現金の持ち合わせが無いときに限って、お金が必要になるパターンは多いもの。そんな時に便利なのが即日融資のキャッシングですね。必要な時にすぐ借りられるのが即日融資の強みです。

 

ただ、他のキャッシング会社からすでに借入している方などは「審査で引っかかるから即日融資はムリ」なんて決め付けてしまっているかもしれませんね。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

 

結論から言えば、他社借入があっても即日融資は受けられます。ただし、OKだからといって、あちこちから借入れるのは限度があります。

 

キャッシング会社の審査は一律ではなく判断基準が各社異なるため、どういったケースなら他社借入があっても即日融資OKなのか、はっきり決まっているわけではありません。

 

ただ一般的には、3社までの複数借入が即日融資OKのラインと言われています。それ以上だと申請しても融資されない可能性が高いと思っておきましょう。

 

その他、他社借入があっても即日融資OKの判断材料としては、現在の債務残高額が挙げられます。

 

申請者の収入にもよりますが、一般的に債務残高額が200万以上になると、即日融資できない可能性の方が高くなります。貸金業法にある総量規制に則ると、借入総額が年収の1/3を超える場合は融資ができないと決まっています。

 

ですからすでに1/3以上を借入している場合、審査に受かるのは不可能です。

 

上に書いた条件に引っかかってしまえば、即日融資を受けられません。しかしもし即日融資を受けたいと思うのならば、まず現在の債務や借入先を少なくすべきでしょう。

 

借入先が複数ある場合は、おまとめローンを利用するのも一つの手です。これは、おまとめローンからの融資で借入先の債務を完済し、その後おまとめローンに融資された額を返済するシステムで、借金の一本化とも言われています。

 

複数のキャッシング会社から借入れるデメリット

複数のキャッシング会社から借入れるデメリットは、どこにいくら借りたのか分からなくなってしまう事ですが、借金を一本化すれば、自分が現在どのような借入れ状況であるのかを把握できます。おまとめローンを利用すれば、キャッシング会社ごとに異なる返済日を月1回にまとめられるので、うっかり返済を忘れてしまう事もありません。

 

おまとめローンは各社ありますが、中には現在借りているキャッシングよりも金利が低い場合もあります。金利が低ければ返金総額も減るので返済計画に余裕ができるかもしれませんが、減るのは利息分であって借金金額自体は減らせない事を理解しておきましょう。

 

借入先が複数あると、返済期日も異なります。それぞれの返済期日の間が短ければ、その分返済額を準備できない事も多く、そこで安易に即日融資のキャッシングに手を出してしまう人も少なくありません。しかしこれでは、結局借金は減らず利息が増えるため、結果として返金総額がどんどん増えていくだけです。

 

返済しているキャッシング会社の利息よりも、即日融資の利息が高いと返済日に間に合ったとしても、返済総額は増えてしまっているのですから、これでは何のために返済しているのか分かりませんね。また、返済が出来なくなると違う即日融資のキャッシングを利用する事になるため、どんどん借入先が増えていき、一層管理が出来なくなってしまい返済計画などあったものではありません。

 

もしすでに即日融資のお金で他の借入先の返済をしている自転車操業に陥ってしまっているのならば、ぜひ他の方法を検討してください。債務整理で借金を圧縮したり、何をどうしても返済できない所まで来てしまっているのであれば、最終手段として借金をなくす自己破産という方法もあります。即日融資のキャッシングは便利ですが、他社キャッシングの返済として利用していては、後でどうにもならなくなってしまいます。もし借りる場合は、きちんと返済できるのかを良く考えてからにすべきでしょう。