かつては大問題になった高金利

クレーゾーン金利について聞いた事があるかもしれませんが、実際にはどのような事なのか、また今はあまり聞かなくなったがその後どうなっているのかについてあいまいな印象を持っている人もいるかもしれません。グレーゾーン金利はかつて大変な問題になりましたが、2010年には法改正があったので今は存在しません。

 

それまでは、金利に関する法律が二重構造になっていたので、その矛盾点の部分を利用して過剰な利息を取ってしまうという事態が発生していたのです。

 

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利を説明するにはある2つの法律をまずは知る必要があります。それが出資法と利息制限法です。出資法に基づいて考えると、貸し付ける側と借りる側双方の同意さえあれば、29.2%までの金利が許されるといった内容の法律です。

 

利息制限法は、商取引において得る事ができるのは20%までです。消費者金融は、利息を取ってお金を貸す際に守らなければならない金利の上限を定めた利息制限法に従わなければなりませんが越えた場合の罰則はありませんでした。そこに利息制限法の限度を超えた29.2%という高金利が可能になる出資法を利用して、本来20%におさめるべき利息を多く取ってしまっていたのです。

 

これは完全に違法な事であったにもかかわらず、罰則がなかったためにグレーゾーン金利は堂々と横行してしまったのです。この制度はすでに存在しませんが、現在でもその影響は続いています。

 

過払い金の請求

そもそも消費者金融等の貸金業者には、29.2%もの利息を受け取れる権利が存在しません。ですから、過去に利息制限法の上限である20%を超えた金利を支払いながら借金を返済した事がある人は、むしろ払い過ぎた利息を取り返す権利があるのです。

 

すっかり聞かなくなったグレーゾーン金利という言葉の代わりに、過払い金請求という言葉を多く聞く事があるかもしれませんが、それは現在借り入れている人ではなく、過去のグレーゾーン金利のもとで借金をしていた人達に深く関係がある事なのです。

 

現在はどうなっている?

2010年に法改正があってからは、出資法も利息制限法も上限が同じになった事でそのようなグレーゾーン金利は撤廃になりました。ですから、全国規模で有名な大手消費者金融であれば、違法な金利をつけてくる事はもうありません。

 

過去にもし消費者金融に借金をしていた事があり、過払いがあるかどうかを知りたいならば、法律事務所等に相談してみる事をおすすめします。現在はグレーゾーン金利がなくなったとはいっても、上限金利はかつてのままです。決して安くはないキャッシングの金利は、借り過ぎたり、借り続けたりすればその分だけ利息はかかってしまいます。借金をするには自己管理をしっかりとし、安易に借り入れをせずにきちんと借金の仕組みについて理解しておく事も重要です。