ブラックリストってどんなもの?

金融機関などでお金を借りたり、クレジットカードなどを利用して支払いの義務があるにも関わらず、その支払い期限を過ぎても支払いをせず延滞した場合”事故”と呼ばれます。こういったトラブルは言うまでもなく避けなくてはなりません。こうしたトラブルは金融機関が独自にいわゆるブラックリストというものを作成しているわけではありません。事故の情報などは信用情報として「信用情報機関」と呼ばれる機関にて管理されています。

 

信用情報は事故の履歴だけでなく借入の申し込みや借りている金額なども記載されています。そして、新規にキャッシングを申し込みした場合などにも参照されるデータになります。つまり、この信用情報にトラブルの履歴がある場合をブラックリストに記載されているなどと呼んでいるわけです。本当の意味でのブラックリストはありませんが、信用情報にトラブル履歴が残る事自体よくない事なのは間違いありません。

 

どういったトラブルが記録されるのか

トラブルの記録が残されるのは国内だと「日本信用情報機構 」「全国銀行個人信用情報センター 」「CIC 」という3つの機関になります。各機関は国の指定を受け管理され、信用情報の共有を行っています。

 

この信用情報に事故記録などが記載されキャッシングの申し込み時等に参照されるわけですが、どういったトラブルが事故として記載されるか以下の通りです。

 

  • クレジットカードの代金の支払いを行わない
  • 携帯電話本体代金の月々分割払いの支払いを行わない
  • 奨学金の返済を行わない
  • キャッシングなどの借金返済を行わない

 

このようなトラブルが発生すると信用情報に記載されてしまい、情報が共有されてしまいます。つまりそれ以降はキャッシング等を利用する際に信用ができない人と判断されてしまい借入ができなくなってしまいます。クレジットカードの発行やローンの申し込みなども信用情報を参照して審査しますから、かなり影響が大きいと言えます。

 

お金を貸す側からすると返済をしてもらえない可能性が高い人なわけです。貸したくない思われてしまうのも当然です。逆に何度もキャッシングを利用していても返済をしっかりと行う人には快く貸してくれます。ここまで信用情報にトラブルが記載されてしまう事について書いてきましたが、実は一定期間で事故情報は消えるようになっています。事故内容によっては2~5年と残る期間も違いますのでその点については注意が必要です。また、多少の返済の遅れであれば信用情報に記載される前に返済をすることで見逃してくれるケースもあるようです。どうしても数日返済が間に合わない場合などは電話などで連絡をする事で見逃してくれる可能性も上がるようです。

 

まとめ

ブラックリストというものは存在しません。ある意味では信用情報自体が一般的にブラックリストと呼ばれているものであると捉えることもできます。トラブルを起こしてしまうと今後の借入やクレジットカード発行に影響しますから、しっかりと返済・支払いをするようにしましょう。